【8社】不動産売却一括査定を徹底比較!

離婚の財産分与で活用出来る不動産売却一括査定とは?


自身離婚の財産分与で活用出来る不動産売却一括査定とは?

不動産売却一括査定サイトとは?

離婚時の財産分与にて不動産売却が行われることはよくあります。

離婚する際に不動産を所有している夫婦の財産分与の問題は
避けては通れないほど大きな離婚の争点となります。
例えば、協議離婚、調停離婚、裁判離婚などいろいろとありますが、
結婚してから取得した不動産がある夫婦にとっては大きな問題となるでしょう。

不動産の所有をしている夫婦にとって、離婚する際の簡単な注意点を記載します。

1:結婚した後に購入した不動産のみが対象となります。

2:遺産相続などで夫婦のどっちかが得た不動産や結婚前から夫婦のどっちかが所有していた不動産は対象外となります。
しかしながら、その住宅ローンを結婚後も支払っている場合はその分については対象となります。

3:そして、例えば専業主婦や専業主夫など貴方自身が無収入で、直接的に住宅ローンの支払いなどをしていなくても半分の権利が存在します。

4;不動産の名義が夫婦のどちらだったとしても、財産分与には一切無関係で平等となります。

5:二世帯住宅のローンなどで、夫婦どちらかの親が共同名義人の場合はもちろん親にも支払った分の権利があります。

また、例えば、住宅購入時に夫婦どちらからの親から援助をもらった場合は
夫婦ふたりともがもらったものとして扱われました。
この部分に関しては弁護士によっても見解が違うケースがあるようです。
しっかりと認識して弁護士選びもする必要があるそうです。

離婚の不動産売却でよく悩む問題とは?

特によくある離婚の際に悩む問題として、夫婦どちらも自分に有利に財産分与の権利を勝ち取りたい。
また、それに合わせて裁判などを進めていく必要が出てきます。

現金や有価証券などはシンプルに価値が金額でしっかりと確定できますが、家やマンションなどの不動産の場合は価値が、評価方法や評価する人、不動産会社や不動産市場価格などによって大きく評価金額に差が出る事があります。

ということは離婚の際に不動産の財産分与があり、不動産の金額を算定する必要がある場合なら、
夫婦どちらかがその不動産に住み続ける場合も、売ってお金に変える場合も、この記事の見ている方にとって、有利な財産分与となるような不動産の評価を行う必要が出てきます。

自分が持っている不動産の価格を客観的な数値として書面でしっかりと持っておくことは
とても重要なことであり、離婚時に共有不動産の財産分与を行ううえで、
とても大切な情報、テクニックとなります。

何故ならば実際の離婚ではどちらかがまだその不動産に住んでいるケースもあれば、
揉めてしまって明け渡しに応じないなどの理由が離婚確定前に出てきます。

また、離婚時にその対象の不動産が実際に売買されてすぐに現金化されることなどは
稀ですので、現実では不動産会社の査定して不動産査定評価額を元に
離婚などの話し合い、離婚裁判、離婚調停が進んでいくことがほとんどとなります。

そんな中でどうやって不動産の財産分与を有利に進めることができるかを今からしっかりと解説していきます。

不動産の現在の評価額や不動産売却査定額を調べる方法とは?

不動産の現在の評価額や査定額を調べる方法の一つとしては
不動産の価格算出の資格を持っている不動産鑑定士に依頼するという方法がありますが、
費用が高額となってしまうケースがあります。
不動産鑑定士事務所によって費用はいろいろとありますが、
一般的に30万円~50万円くらいとなっているようです。

また、不動産評価額などに応じて報酬額が変動するケースもあるため、
不動産鑑定評価額が数億円の場合は不動産鑑定報酬額は100万円近くになってくることもあるようです。

ただし、実際には離婚の裁判などでは正式な不動産鑑定書の提出を求められることはあまりないようで、
わざわざ鑑定士に依頼する必要はなくとも、無料で不動産鑑定価格の書面を手にいれることもできるのです。

一体どうやって手にいれるのでしょうか?

不動産売却一括無料査定

不動産の売却査定額の書類を手にいれる方法とは?

その方法とは「不動産売却一括査定サイト」を利用することです。
もちろん無料で「不動産売却の一括査定」ができるので、
複数の不動産会社からの見積もりを一瞬で手にいれることができるのです。

ここで非常に大切なのが、複数の不動産会社から、見積もりをもらうことができるという点です。

意外とご存知ない方が多いのですが、不動産会社によって実は不動産査定価格というのは
バラバラとなるケースが多いのです。

不動産会社によって不動産の評価金額に差が出てくるのはなぜでしょうか?
また、複数の不動産会社から複数の不動産査定額をもらうことがなぜ必要なのでしょうか?

ここで手に入れた複数の不動産会社の不動産売却査定価格を
どうやって活用するのかを詳しくご案内させていただきます。

複数の不動産会社に不動産売却査定をお願いするメリットとは?

複数の不動産会社に不動産の売却査定をお願いすると、
意外なことに不動産評価額に意外と差が出てくるケースがあります。

また、見積もりをする際に、不動産売却一括査定をする際に簡単な見積もりであるほど

各不動産会社の評価額や査定額に差が出やすいので、その方が貴方にとって都合のいい見積もり額を手に入れる事ができる可能性が高まってきます。

もちろん、現実には実際に不動産を見てもらって見積もりや査定ができないケースもあるので、
その場合机上査定という形でネット上で物件情報を送るだけで不動産価格を評価してもらう形で
不動産売却価格を査定してもらうやり方がよいでしょう。

不動産売却一括査定サイトって簡単なの?

パソコンやスマホで不動産売却一括査定のサイトから簡単な必要事項を登録して問い合わせフォームから送りさえすればめんどくさく電話で話しをしたり、訪問されたり、近所にばれるような心配もありません。

また、査定してもらう理由としては
売却を検討していること。売却査定金額が知りたいことを伝えられればあとは不動産会社が近隣の市場価格や実績などを元に算出してくれます。

この際に気をつける点はもし、離婚の際に相手側と揉める可能性がある場合は
相手側になるべく不動産売却一括査定を行っていることを知られないほうがよいですね。

この時にしっかりとした不動産売却査定額を算出することができれば、
具体的な資料などをもとに離婚調停や離婚裁判などで有利に進めていくことができます。

また、離婚協議の話し合いの際も、不動産会社から具体的な金額が査定額として出て来れば相手を納得させる資料にもなります。

不動産売却一括査定サイトの査定額はバラバラって本当?

例えば、よくある不動産売却一括査定のサイトでは、数社〜10社程度の不動産会社から
無料で一括してもらえます。
もちろん各不動産売却一括査定サイトによって参加している不動産会社が異なりますので、
複数の不動産売却一括査定サイトを利用できれば十分な数の不動産の見積もり、査定額が出てくるでしょう。

ではなぜ各不動産会社の評価額・査定額に大きな違いが出てくるのでしょうか?

夫婦が所有する不動産を不動産売却一括査定サイトから査定依頼を出した場合、
査定額の平均が各不動産会社の査定価格が3000万円だった場合
A社の査定額は4000万円、B社は3000万円、C社は2000万円・・・などと査定額に大きく差がでるのはこういった不動産売却査定サイトではよくある事です。

もちろんほとんどの不動産会社は過去の売買事例やその地域の不動産価格などの売買価格のデータを
共有しており、そのデータを元に不動産の査定額を割り出しています。

では、なぜこれほどの査定額の差が出てくるのでしょうか?

不動産売却一括無料査定

なんで不動産売却一括査定で出てくる不動産査定額はバラバラなの?

不動産会社は不動産会社毎にそれぞれ特徴や強み弱みがあり、
一戸建てに強い会社、マンションに強い会社、買取に強い会社、
例えば地域によっても都市部に強い会社、住宅街に強い会社、
路線に強い会社などなど不動産会社毎に得意ジャンル、不得意ジャンルがあります。

また、不動産売却査定依頼を出したタイミングでたまたま、その物件と似た物件を探している
お客さんがいて、運良くその人に紹介できそうな場合は高めに不動産売却の査定価格を出してくる
不動産会社もあるかもしれません。

ましてや、現地まで行かないような机上査定の場合だと、
問い合わせ時に登録した内容だけで詳細な物件情報の確認をせずに、
地域や条件などだけで高めの条件を出してくる会社、
しっかり調べて現実的な価格を出してくる会社などがあり、
複数の査定額が出てくるのです。

不動産売却査定の大きな差がメリットになるってどうゆうこと?

この査定金額の大きな差こそが離婚時に無料の不動産売却一括査定サービスを利用する大きなメリットとなります。

また、ここで得た情報が離婚相手を納得させる大きな武器となるのです。

では実際に無料の不動産売却一括査定サイトで手に入れた査定額などの資料をどのように使えばいいのかをご案内いたします。

離婚の際の不動産売却一括査定サイトの使い方

まずは不動産売却一括査定サービスを複数利用して不動産売却一括査定を行います。

その際に財産分与対象の不動産の情報をしっかりと入力し、複数の不動産会社から査定額をもらうことが重要です。

例えば各不動産会社の査定平均評価額3000万円で査定された金額の内で最低査定額はA社の2500万円、最高査定額はB社の3500万円だった場合

1:ご自身で不動産の名義人で離婚後に売却をできる立場の場合

この場合は不動産の評価をできるかぎり安い値段で
離婚相手方に認めさせる事が重要なので、A社の2500万円という評価額が妥当であるとして、裁判や調停などでは資料として提出します。

相手方から明確な第三者から交付された書面が出てこないケースも多く、すんなりとこの2500万円という評価が通ります。

そうなると本来の平均的な不動産売却査定価値であれば3000万円なので、差額の500万円が得をすることとなります。

2:ご自身で不動産の売却をできず、離婚後に現金で財産分与を受ける立場の場合

この場合は不動産の評価をできるだけ高い値段で
離婚相手方に認めさせる事が重要なので、B社の3500万円という評価額が妥当であるとして、裁判や調停などでは資料として提出します。

この場合も先ほどのパターンと逆となり、500万円分は得をすることとなります。

不動産売却一括査定は絶対にするべき

このように、不動産の売却査定額はしっかりと不動産会社が出してきた価格が
すんなりと通るケースが多いので、相手を納得させる材料として、
複数の不動産会社に一括で不動産売却査定を行うことが重要となります。

実際に、よくあるマンションや戸建ての売却でも
最安値の不動産会社と最高値の不動産会社では1000万円以上の査定額の違いが出ることも多くあるようです。

現在では簡単な不動産売却一括査定サービスもありますので、
数分の手間を惜しまずに、しっかりとこういったサイトを比較して資料を集める必要がありそうですね(^^)

不動産売却一括無料査定

URL :
TRACKBACK URL :

是非、感想をお聞かせください。(名前・コメントのみ可)

DigiPress
*

不動産売却一括査定サイトを徹底比較します。

イエイ、イエウール、スマイスター

ウチモ、SBI不動産査定、不動産査定エージェントetc

Return Top