【8社】不動産売却一括査定を徹底比較!

不動産の売却益にかかる所得税


不動産の売却益にかかる所得税/不動産一括査定・売却体験談

不動産売却益の税金

不動産を売却して売却益が出た場合、所得税が課税されます。全国の土地の価格は下落傾向にありますが、場所によっては大幅に上昇していることもありますので、注意が必要です。

不動産の売却による所得は、所得区分でいうと「譲渡所得」となります。譲渡所得は、不動産の売却価格から、その不動産の購入価格・購入時にかかった諸経費・売却時にかかった諸経費の合計を差し引いて計算します。この計算結果がプラスとなった(譲渡益が出た)場合、その金額に対して所得税が課税されることになります。
売却した不動産の購入価格は、購入時の売買契約書などの書類から確認して算出します。購入価格が分からなくなってしまった場合は「売却価額の5パーセント」で計算することになってしまいますので、書類は紛失しないよう気を付けましょう。

所得税は、譲渡益の15パーセントまたは30パーセントの率で課税されます。不動産を売却した年の1月1日現在で、その不動産の所有期間が5年を超えていた場合の税率が15パーセントで、5年以内であった場合の税率が30パーセントです。所有期間5年目の年末に売却した場合と、所有期間6年目の年始に売却した場合とでは、売却日が数日異なるだけにもかかわらず、税率は倍異なることになります。他の特別控除もあるためケースバイケースとなりますが、5年以内で売却しようと考えている人は、よく検討した方が良いでしょう。

不動産の売却検討は、不動産査定から始まります。
不動産一括査定を利用して、売却相場を掴むことから始めましょう。
不動産一括査定の人気ランキングはこちら

URL :
TRACKBACK URL :

是非、感想をお聞かせください。(名前・コメントのみ可)

DigiPress
*

不動産売却一括査定サイトを徹底比較します。

イエイ、イエウール、スマイスター

ウチモ、SBI不動産査定、不動産査定エージェントetc

Return Top