【8社】不動産売却一括査定を徹底比較!

不動産一括査定の仕組み・メリット・デメリット


不動産一括査定の仕組み・メリット・デメリット

不動産一括査定の仕組み

最近、多数の不動産一括査定サイトが出ておりますが、そもそも不動産一括査定とはどのようなものなのでしょうか。

不動産一括査定とは?

インターネット上にて、複数の不動産会社に同時に査定を依頼できる「一括査定」のことをいいます。
多くの不動産一括査定サイトでは、最大6社に依頼ができるようになっており、1社1社査定依頼を実施するよりはるかに効率がよく、
不動産の相場観や、売却価格を比較検討する際に役立っています。

不動産一括査定の仕組みとは?

自己破産 家

不動産一括査定サイト上で、物件情報を入力し査定依頼を実施すると、不動産一括査定サイトと提携している不動産会社から査定価格が届くようになっています。査定に至るまでに、机上査定(家を見ずに価格を算出する簡易的な査定)と訪問査定(実際に家を見に行き、部屋や庭などの状態を見て家の価格を算出する)があり、どちらを選定するかにより査定価格の算出方法が変わってきます。
一般的には、売却を考えているレベルの方は、『机上査定』を設定し、○日までに売却したいなど、具体的に活動を考えている方は『訪問査定』を選択されていらっしゃいます。机上査定の場合は、一括査定後に不動産会社と電話orメールでやり取りして価格を算出してもらいますが、訪問査定の場合は実際に不動産会社が現物を確認するため、より精緻な査定結果を確認することができます。アポイントの調整などもあり、多少手間がかかりますが、本気で売却を検討されている方は訪問査定をしなければ、相場観がわからないため、正しい価格で売却活動を実施することができません。

不動産一括査定で利用できる物件は?

マンション・一戸建て・土地など幅広い不動産の査定を行うことができます。
査定を依頼する物件の住所や面積、希望売却価格などの必要事項を不動産一括査定サイトに記載を行い、条件に紐づいて査定を実施できる不動産会社一覧が表示されます。
後は、お好みの不動産会社を選定して査定依頼をするだけで完了です。

不動産一括査定のメリットは?

不動産一括査定のメリットは

不動産一括査定サイトの利用は、どの会社も無料で利用ができます。
有名なサイトでは、イエウール、イエイ、スマイスター、ウチモ、不動産査定エージェントなど、不動産一括査定サイトでも多数の運営会社があります。共通していることは、利用料金が無料で、一回の査定依頼で最大6社に一括査定を実施することができるため、非常に効率的です。手軽に利用できることから、不動産一括査定サイトの利用者は急増しています。
不動産一括査定サイトによっては、提携している不動産会社が全国1,300社以上と多くの会社が参加しているため、査定依頼を実施して、ご自身の所有物件エリアを担当する不動産会社が数十社出てくることもよくあります。大手不動産に依頼することもできますし、地域に根ざした不動産会社に査定依頼をお願いすることもできます。査定依頼をお願いする会社は自由に選定できるようになっています。

不動産一括査定のデメリットは?

不動産一括査定を実施して上記のようにメリットだけではありません。
金銭面の負担は一切ないのですが、電話番号を記載すると様々な不動産会社から連絡が入ります。
最大6社の不動産に一括査定ができるようになっていることから、6社全てに一括査定を実施すると6社の不動産会社から連絡が入ることがあります。
本気で売却を検討されている方にとっては多数の不動産会社に相談をした方が良いため、6社からの連絡はメリットになりますが、
一方で、相場観を知りたいレベルで6社に一括査定を実施すると、対応に少し追われることになります。
とはいえ、引越し業者の査定依頼みたいに、何十社から連絡がある訳ではありませんので、デメリットといっても限定的だと思います。または、一括査定を実施する不動産会社を2社~3社に限定することにより連絡して頂く不動産会社を減らすことができます。

不動産一括査定の上手な使い方とは?

不動産一括査定の上手な使い方は

不動産一括査定を利用することにより、多数の不動産会社から査定価格の提出が行われます。そのため、査定価格が不動産会社によって異なることがわかり、売れる価格の目処をつけることができます。机上査定での相場観の把握は、現地物件をみていないのであくまで参考価格程度ですが、訪問査定で実際に物件を確認して頂いた後の査定価格ではよりリアルな売却価格となります。高く売却するためには訪問査定で比較検討するステップは必ず踏む必要があります。

不動産一括査定で重要なことは、『査定価格をより正しく知る』ということは根底にありますが、売却を本気で考えていらっしゃる方の場合、物件の特色や、不動産会社、営業担当者の特色を知ることも重要です。

不動産売却でやってはいけないこと

 

不動産一括査定後にさまざまな会社から連絡が来ますが、訪問査定まで実施すると査定価格の比較でも労力がかかります。
そのため、「最初の査定会社が親切で信頼ができそう」という判断で他の不動産会社の査定を拒む方がいらっしゃいます。
他の不動産会社と比較することなく媒介契約を締結することはしないでください。
1社だけからの話だと、何が正しいのか?正しくないのか?信用できるのか?信用できないのか?全く判断がつきません。
査定価格においても不動産会社の言いなりになってしまいます。少なくとも3社の不動産会社からは話を聞くことをオススメします。

不動産一括査定は便利なもの?

不動産一括査定は便利

不動産一括査定は査定価格を知る上で非常に便利なサービスです。
一方で査定価格=売却価格ではありません。
査定価格の高い会社や低い会社を選別するためではなく、どのように査定価格を出したのか確認しましょう。
不動産一括査定は無料で利用できるので、警戒する必要性はありません。
『比較する』ということを念頭に置きながら利用してみてください。

オススメの不動産一括査定サイトはこちら

URL :
TRACKBACK URL :

是非、感想をお聞かせください。(名前・コメントのみ可)

DigiPress
*

不動産売却一括査定サイトを徹底比較します。

イエイ、イエウール、スマイスター

ウチモ、SBI不動産査定、不動産査定エージェントetc

Return Top