【8社】不動産売却一括査定を徹底比較!

共有不動産・共有持分の売却を諦めていませんか?


共有不動産・共有持分の売却について

不動産の世界相続や離婚などにより共有不動産の売却を希望される方が増えています。一方で「名義人が複数だと権利関係に戸惑ってしまう。」「相手方が納得しない。」など、共有名義であることから売却を諦めるしかないと思っている方も多いのです。一般的な不動産会社に共有不動産の売却を持ちかけると、大半は断られます。これは、権利関係を調整してからでないと売却活動を実施することができないため、その「権利関係の調整に時間を割きたくない」というのが不動産会社の本音です。買取にしても仲介にしても、持分が100%でないと売却活動を実施できないため敬遠されがちです。一方で、共有不動産専門に買い取ってくれる不動産会社があるのをご存知ですか。複雑な権利関係も関係なく買い取ってくれま。

■共有不動産専門買取メリット

・共有名義、持分が何名でも基本的に関係なし。
・すぐに現金化できる。
・売却活動に時間を要せず、手間がかからない。

■共有不動産専門買取デメリット

・買取価格は市場の4割~6割と安い
・共有名義で、親族で持分を共有している場合には、事前に連絡をしないと後々揉める可能性がある。

不動産という人生において最も高額な購入になる一方、売却は共有名義で購入したことにより苦戦することがあります。
持分を持っていても購入価値が見出せない場合には、共有不動産専門買取会社に相談することをオススメ致します。

本サイトの不動産売却一括査定サイトでも協業会社が多数ありますので、是非活用してみてはいかがでしょうか。
相談は全て無料で実施してくれます。

不動産一括査定サイトのランキングはコチラ

URL :
TRACKBACK URL :

是非、感想をお聞かせください。(名前・コメントのみ可)

DigiPress
*

不動産売却一括査定サイトを徹底比較します。

イエイ、イエウール、スマイスター

ウチモ、SBI不動産査定、不動産査定エージェントetc

Return Top