【8社】不動産売却一括査定を徹底比較!

【イエイ】共有名義、共有不動産のマンション売却


【イエイ】共有名義、共有不動産のマンション売却

379-illustration-realestateイエイでは、共有名義、共有不動産、共同名義のマンションを売却するための仕組みが記載されています。
そもそも、共有名義、共有不動産とはどのような意味合いなのでしょうか。
イエイで記載されている内容を抜粋いたします。

共同名義のマンション売却でスムーズに売却を行うには

共同名義のマンション売却をするときにはどうすればいいのでしょうか。
通常は不動産というものは一人の名義により所有するものなのですが、相続などの事情で一つの不動産を複数の人間で共同で所有することもあります。
その場合は名義人が一人でなく複数になります。
これを共同名義というのですが、この場合には全ての共同名義人の同意が得られてからでなければマンション売却をすることが出来ません。
また実際に売却をするときには一人の名義にまとめてからマンション売却をすることになります。
ですので名義変更をしなければいけませんし、名義をまとめられた名義人は他の名義人に対して持分の金銭の支払いをしなければいけないのです。
例えば1000万円の価値のあるマンション売却する場合、二人で同じ持分で共有していた場合は名義をまとめた側が名義を放棄してもらったほうに500万円の支払いをしなければいけないのです。
これをしなければ贈与とみなされて贈与税の対象になってしまうからです。
遺産相続によってマンションを相続した場合にはあらかじめ共同名義人同士でゆくゆくは売却するのかどうかについて話し合いをする必要があります。
もしも共同名義人のうち一人でも売却に同意してくれない場合には売却をすることができなくなってしまいますが、その場合には法律家などに示談を代行してもらうなどして話し合いをする必要性があります。
共同名義マンションを売却する場合は単独の名義よりも売却は手続きなども含めて少し面倒になる傾向がありますが、可能ではあります。

イエイでまとめられていた「共同名義のマンション売却でスムーズに売却を行うには」は、いかがでしたでしょうか。
共有名義、共有不動産の売却成功に向けて、イエイを活用してみてください。

イエイの不動産一括査定
不動産売却一括査定ランキングはこちら

URL :
TRACKBACK URL :

是非、感想をお聞かせください。(名前・コメントのみ可)

DigiPress
*

不動産売却一括査定サイトを徹底比較します。

イエイ、イエウール、スマイスター

ウチモ、SBI不動産査定、不動産査定エージェントetc

Return Top