【8社】不動産売却一括査定を徹底比較!

不動産一括査定の口コミ、評判の実態


不動産一括査定の口コミ、評判の実態はどうでしょうか?

ご自宅などご所有の不動産を売却しようと考えたとき、あなたならどのようなアクションを起こしますか。
投資用不動産利回り駅前の不動産屋さんに話を聞きに行く、インターネットで問い合わせをする、ポストに入った折込広告を見て電話をするなど様々なアクションがあります。
どのアクションから進めても最終的には「不動産業者に売れそうな価格を確認する(査定してもらう)」というプロセスに至ります。
しかしながら、この査定というプロセスには正解がありません。その不動産業者が購入するのではなく、購入者が現れそうな価格を示すのが査定であり、最終的に売れるかどうかは保証してくれません。売却を検討する側としても、出来るだけ正確な査定価格(売れそうな価格)を知りたいと考えます。

そこで、登場するのが一括査定です。

インターネットにて査定を希望する不動産概要を登録すると、その情報が複数の不動産業者に展開され、複数業者から査定価格の回答が得られるサービスです。
A社は3,000万円、B社は2,800万円、C社は3,800万円、D社は2,900万円、E社は3,050万円のように回答が並べば、3,000万円前後が適正な査定価格と考えられます。もしC社のみに査定を依頼していたとすると高い価格で売れそうであると考えて、無理のある資金計画を立ててしまう恐れがあります。
このように一括査定は、不動産を売却しようとする方にとってはとても便利なサービスですが、実際にはどのような評判を得られているのでしょうか。

≪良い評判≫

・引越しなどでは、一括見積を申し込むと多数の業者から連絡があって困惑した。不動産の一括査定ではそのような連絡は少なく、スマートに査定価格を知ることが出来ました。
・多くの会社の担当者と面談することが出来たので、信頼できる不動産業者と担当者に巡り会えました。査定価格も重要ですが、売却の手続きを全く知らなかったため、信頼できる担当者に巡り会えた方が、後々考えると重要だったと感じています。
・複数社から査定価格の提示を受けられたため、当初査定を依頼した不動産業者が提示した査定価格では売却が難しいということを理解出来ました。
・一括査定に参加している会社はそれなりの規模であるため、査定価格にも信頼できました。また、電話などでしつこいアプローチは少なかったという印象です。

≪悪い評判≫

・一括査定を利用後、一番信頼出来ると感じた不動産業者に依頼しようとしましたが、いざ室内を見てみると「予想よりも汚れていたのでこの査定価格では売れそうにない」との回答でした。信頼出来ると思っていたので、その分失望も大きく、不動産業者不審になりました。
・なんとなく自宅の価格が知りたいと一括査定を申し込み、各社から査定価格の提示を受けました。売却の意思はあまり無かったのですが、その後、売却の意向を確認する電話が何回もかかってくるのでとても迷惑に感じました。
・一括査定後、他社に売却を依頼する旨を伝えたところ、他社の悪口や査定内容の批判を延々と告げられ、嫌な気分になった。

いかがでしょうか。

一括査定のサービスは、便利さが表立って見えてきますが、売却を検討する者として注意すべき点もあります。
一括査定の段階では、あくまでインターネットに登録した情報と周辺の売買事例などに基づいて査定価格を算出します。
よって、その査定価格にはその不動産特有の個別情報が反映されておりません。反映されていない主な情報は以下のとおりです。

・売却事情(売却期間)

一般的に査定価格とは3ヶ月程度で売却ができそうな価格を示しています。
もし1ヶ月以内に売却を完了したいという事案であれば、販売期間が非常に短くなるため、査定価格よりも下回る価格で売出を始める必要があります。
また、売却事情が不動産の価格に影響を及ぼす場合もあります。事故物件と呼ばれる不動産が良い例です。
購入検討者の意思決定に影響を及ぼすほどの売却理由であれば、査定価格も変わってくると認識しておきましょう。

・室内の状態

室内の状態も査定価格に影響を及ぼす大きな要因です。室内の汚れがひどく、設備の劣化も進んでいる場合、購入検討者はリフォームを前提で考えます。
キッチンや浴室をリフォームしようとすれば数百万円を要します。
つまり、このような設備がクリーニングなどを行えば購入者がそのまま使用出来そうな住宅と設備交換を前提として検討しなければならない住宅では、査定価格(売れそうな価格)に数百万円の開きが発生してしまいます。

・地域の最新情報

一括査定では、複数社から査定価格の提示を受けられますが、その不動産業者は査定対象の不動産がある地域をどこまで知っているでしょうか。
営業所が各地にあり、査定対象の不動産から比較的近くに営業所がある不動産業者はもちろん地域情報に精通しています。
しかしながら、一括査定で対応する不動産業者の中には、営業所が少なく地域情報に疎い不動産業者も含まれる場合があります。
「バス便が開通した」「駅が再開発している」「スーパーが近くに出来た」などのプラス要因もあれば、「目の前にマンションが出来て眺望が遮られた」「新しい道路が出来て交通量が大幅に増えた」「スーパーが閉店して買い物に不便」などのマイナス要因もあります。
地域情報に疎い不動産業者からの査定価格はぶれ幅も大きくなる傾向にありますので注意をしましょう。

一括査定というのは主に机上査定です。

あくまで査定依頼の手間を省けることや複数業者からの目安金額を確認できることが利点であり、売却が出来そうな価格を正確に示すことは出来ません。
一括査定だけを信じるのでは無く、査定資料などから信頼が出来そうな業者を2~3社に絞り、現地確認や売却計画を相談してみましょう。
口コミにもありますが、不動産は数千万円という大きな資産ですので、信頼できる不動産業者や担当者に巡り会うことも重要なことです。

一括査定のメリットとデメリットをしっかりと認識し、納得のいく不動産売却を実現しましょう。

不動産売却一括査定サンキングはこちら

URL :
TRACKBACK URL :

是非、感想をお聞かせください。(名前・コメントのみ可)

DigiPress
*

不動産売却一括査定サイトを徹底比較します。

イエイ、イエウール、スマイスター

ウチモ、SBI不動産査定、不動産査定エージェントetc

Return Top