【8社】不動産売却一括査定を徹底比較!

住宅ローンが払えない場合の選択肢って何があるの?


住宅ローンが払えない場合の選択肢って何があるの?

中古戸建て 札幌

マンションや一戸建てなどの持家を購入する際には住宅ローンを利用することが一般的です。

総務省が実施している家計調査では、2人以上の勤労者世帯のうち、4割弱が住宅ローンを返済中であるという結果が示されており、この割合は増加傾向にあります。
多くの方が利用する住宅ローンは他の借金とは違い、長期間に渡って返済する特徴があります。
カードローンなどの返済期間は数ヶ月間から数年間ですが、住宅ローンの場合は最長35年間という返済期間を設定することができます。
また、親子リレー返済などを利用すれば50年間まで長期化できる商品もあります。
返済期間が長期になればなるほど、様々なトラブルが発生する可能性が高くなります。
例えば事故や病気で仕事が出来なくなり、住宅ローンの返済が出来なくなってしまうことも考えられますし、収入合算を前提に返済計画を立てたが、パートナーと離婚し、返済が難しくなるという可能性も無い訳ではありません。
また、変動金利で住宅ローンを借りた方は金利上昇の影響を受ける可能性もあります。
今回は住宅ローンを支払えないという状況になった場合の選択肢をご説明いたします。

①支払える返済計画への変更を検討する

支払えない時の選択肢の一つとして、返済計画を変更するという選択肢があります。
例えば、交通事故でケガを負い、仕事に支障が出て、一時的に給料が得られなくなる可能性があります。この場合に支払が難しい期間は、金利のみを支払い、元金の支払を先送るという計画変更です。元金分の支払が猶予されれば、その間は毎月の支払金額が減りますので、一時凌ぎができます。
上記とは別に返済期間を延ばすという方法もあります。当初25年間の住宅ローンを組んだが、返済が厳しくなったため、返済期間を35年間に引き延ばす方法です。返済期間が延びることで、毎月の返済金額は減少します。
このような返済計画の変更も選択肢としてありますが、この選択肢は住宅ローンを利用している金融機関側の承認を得られることが大前提です。返済期間が長期化すれば金融機関側も滞納などのリスクが高まるため、相談として受付していない金融機関もあります。また、新たな返済計画が成り立つのか再度審査を行う必要もあり、返済計画の変更が承認されたとしても、保証料や事務手数料などの経費、返済期間が長期化することによる金利などご自身への負担は増えてしまいます。事情により返済が難しくなった場合には、住宅ローンを利用している金融機関にまずは相談してみるのが良いでしょう。

②自宅売却による完済を検討する。

住宅ローンの返済が難しくなった場合には、持家を売却して住宅ローンの残債を返済する選択肢があります。購入当初に頭金を多く入れて住宅ローンの借入金額が少ない場合や住宅ローンの返済が進み残債が少なくなっている場合には、自宅の売却金額よりも残債が少なくなっている可能性が高く、売却による住宅ローンの完済も検討できます。
例えば、当初5,000万円で自宅を購入した際に、頭金として2,000万円を入れ、住宅ローンを3,000万円利用、現時点の残債が2,500万円という状況ならば、残債を上回る価格で自宅が売れ、住宅ローンを完済できます。反対に、当初5,000万円で自宅を購入した際に、頭金は入れず、住宅ローンを5,000万円利用し、現時点の残債が4,500万円という状況ならば、経年による資産価値の低下により、残債を上回る価格で自宅が売れるかは不透明になります。
不動産を売却する際には、不動産仲介業者を利用することが一般的です。もちろん仲介手数料など売却手続きに関する経費も発生するので、経費を考慮した上で残債を完済できる価格で売却しなければなりません。不動産仲介業者に相談すると周辺の売買成約事例から自宅を売却できそうな査定価格を提示してもらえたり、売却に関する手続きや経費の説明など受けられます。査定を依頼したり、売却活動を依頼することは無償でできます。最終的に売買が成立した際に仲介手数料を始めとする経費が発生するので、気軽に相談してみましょう。

マンションの場合には、周辺マンションの成約事例などをベースにするため、需要の高いマンションは購入時よりも高く売却できるケースもあります。戸建の査定方法は、土地価格と建物価格の合算です。土地価格は目減りしませんが、建物価格は経年によって目減りをする考え方が一般的であるため、売却時には購入時より目減りするケースが多くなっています。また、不動産の価値には、駅前が再開発される、大きなショッピングモールが出来るなど不動産価値に影響する地域の変化も関係しますので、まずは、不動産のプロである仲介業者に相談してみましょう。
無理に返済を続けるよりも、売却が可能であれば一旦売却してリセットし、その後必要であれば改めて持家の購入を検討する方が住宅ローンの返済に悩む時期が短く精神的に楽でしょう。

金融機関に相談しても返済計画の変更を受け付けてもらえず、売却しようにも売却できそうな価格よりも残債が多く、売却できないケースもあります。住宅ローンは支払が一定期間滞ってしまいますと、自宅が差し押さえられてしまい、最終的には少しでも住宅ローンの未返済分を回収するために競売にかけられてしまいます。また、支払が滞りますと、金融機関の信用情報に登録されてしまい、クレジットカードの作成や他の借入を行うときにも影響が出てしまいます。
住宅ローンの支払が難しい場合には、早めに金融機関や不動産仲介業者に相談してみましょう。

不動産一括査定ランキングはこちら

URL :
TRACKBACK URL :

是非、感想をお聞かせください。(名前・コメントのみ可)

DigiPress
*

不動産売却一括査定サイトを徹底比較します。

イエイ、イエウール、スマイスター

ウチモ、SBI不動産査定、不動産査定エージェントetc

Return Top